量産部品 生産代行.com

量産部品生産なら量産部品 生産代行.com

量産部品の工具設計におけるボーリング一体化による生産効率向上

Before

ボーリング加工時に必要な工具

量産部品の工具設計において、径と深さの異なる多段形状のボーリング加工がある場合、一般的には2種類以上のボーリング加工が必要になります。加工ツールが2本以上必要になってしまう為、加工精度にばらつきが生じ、加工時間も多く掛かってしまいます。

コストダウン事例

After

特注工具を製作

特注工具を設計製作し、2本以上のツールを一体化することにより、加工時間とコストを削減することが可能です。ボーリングホルダーを多段化し、同時加工する事で加工精度が向上し、工程数も減るので加工時間は短縮されます。また貫通穴でしたら先端に別の工具をセット出来るようにし、1本の工具で2穴以上の加工も可能になります。

量産部品の工具設計においては、特注ボーリング工具を製作することにより加工精度の安定化や加工時間の効率化を測ることが可能です。ワーク形状に応じて、ボーリング形状を2段やそれ以上の多段にするなどの特注工具を設計・製作し、取り入れることで量産時に大きな効果を得ることができます。