量産部品 生産代行.com

量産部品生産なら量産部品 生産代行.com

量産部品の治具設計におけるノックピン可動化による品質向上

Before

ワークの位置決めに固定ノックピンを使用する場合

治具のノックピンは自社にて設計、製作しています。ノックピン形状は標準化しており、ワーク加工穴を位置決めに使用します。ただし、ワーク形状、加工工程によっては黒皮部の穴を位置決めに利用しなければならない場合があります。黒皮部は穴径、穴位置の精度にバラツキがあるため位置決めには適していません。固定ノックピンを使用すると加工精度に影響が出てしまい品質が安定しません。

コストダウン事例

After

ワークの位置決めに可動ノックピンを使用する場合

固定ノックピンでは黒皮部穴径、穴位置のバラツキに対応できないため、可動ノックピンを使用します。ワークに接する先端部を別部品とし、スプリングにて上下に可動できる構造です。先端部はテーパーをつけることによって、黒皮部穴径にバラツキがあっても対応できる形状になっていますので、加工精度が安定し品質が向上します。先端部形状以外は標準部品としています。

量産部品の治具設計におけるノックピンに関わる問題点として、使用するワーク穴の選択の難しさが挙げられます。ノックピンの形状、材料寸法、加工方法、熱処理の種類、研磨方法、構造等の各工程を吟味して標準化を進め最適なノックピンを選ぶことが重要です。加工精度の安定化、品質向上の点でも有利になります。