量産部品 生産代行.com

量産部品生産なら量産部品 生産代行.com

量産部品の治具設計における基準座標準化による設計効率化

Before

治具毎に基準座を設計、製作する場合

治具の基準座は自社にて設計、製作しています。ここで複数の設計者が治具毎にそれぞれ異なる形状の基準座を設計、製作してしまうと設計、製作に時間と費用が掛かってしまい効率的ではありません。予備や在庫の管理が難しく、治具毎の互換性も無いため破損、劣化時の交換ができない等の問題が出てきます。

コストダウン事例

After

治具の基準座を標準化してできる限り共通部品を使用する場合

弊社では数種類の基準座を標準部品としています。形状を標準化することにより設計費を抑えることができます。また、在庫分を含めまとめて作ることで製作費用を抑えることができます。治具の保守や在庫管理の点でも有利です。標準部品で対応できない場合は、専用の基準座を設計、製作して対応します。

量産部品の治具設計における基準座に関わる問題点として標準化の難しさが挙げられます。基準座の形状、材料寸法、加工方法、熱処理の種類、研磨方法等の各工程を吟味して種類をできるだけ少なくすることが重要です。治具の保守、在庫管理の点でも有利になります。