量産部品 生産代行.com

量産部品生産なら量産部品 生産代行.com

量産部品の生産とは

量産部品とは生産計画に基づき計画的に生産・出荷が行われる部品と言うことができます。
そしてこの量産部品の生産と一口に言ってもその生産体制には多くのパターンが存在します。
例えば製品の加工・組立工程を例に取り、この加工・組立方式で分類すると、製品がベルトコンベアに代表される搬送装置で順々に流れ作業で加工、組立が行われていく『ライン生産方式』は量産の代表的例と言えますが、少人数の組で作業所(セル)を決めて、セルごとに工程を進めていく『セル生産方式』も、量産加工における生産方式の代表例です。

機械の設置方式で分類すれば、旋盤やマシニングセンタ等の機械を加工能力で分類し、集中して配置する『ジョブショップ型』の生産方式もあれば、製造工程順に機械を配置する『フローショップ型』の生産方式も存在します。

生産管理で分類した場合には、予め決められた生産計画通りに定量を量産生産する生産方式は『プッシュ型』の生産方式と一般に呼ばれますが、この生産方式では前工程から後工程に定量を送っていくことが特徴です。逆に需要サイドからの要求に応じて、後工程から前工程へと生産要求が伝わる方式が、プッシュ型に対して『プル型』生産方式です。このプル型の最たる例が、ジャストインタイムで生産を行う『カンバン方式』です。

どのような生産体制が最適かは、製品そしてマーケットの状況に応じて変化します。10年前は少品種大量生産が行われていた製品であっても、現在では多品種少量生産が望まれている、といったケースは産業界のいたるところで見ることができます。このような場合は生産の体制も大きく変えることを検討しなければなりません。

生産技術者には生産する製品の価格やロット、リードタイム、消費地等多くの要素を勘案して、最適な生産体制をとることが求められます。